乗車中にタクシー料金の支払い手続きが完了するアプリ決済機能がスタート 音声トリガーを活用し最小限の接触でネット決済が可能に

株式会社Mobility Technologies(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中島 宏、以下MoT)が展開するタクシーアプリ『MOV』は、乗車中に支払い手続きが完了するアプリ決済機能を2020年5月26日(火)よりスタートします。アプリ決済機能は、後部座席に『MOV』のタブレットが設置されたタクシー車両にて順次開始します。

タブレットにスマホを近付け、決済ボタンを押すだけで支払いが完了!

この度スタートする『MOV』の新たなアプリ決済機能は、アプリからのご注文時だけでなく、道や乗り場からのご乗車時にもネット決済をご利用いただくことができる機能で、目的地到着後に車内での乗務員との支払いやりとりが不要となるものです。 アプリ決済では、タブレットに表示される二次元バーコードを読み取る方法に加え、揺れのある車内でも簡単に手続きができる独自の方法を採用しました。この独自の方法は、ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市、代表執行役社長:中田 卓也)が開発する『SoundUD』を活用したもので、タブレットから発信される音声トリガーをスマートフォンで受信する仕組みになっており、ユーザーの特別な操作なく近付けるだけで、車両情報とアプリ情報の紐付けを行うことができます。利用する際は、タクシー乗車後タブレットでアプリ決済を選択し、『MOV』を開いたスマートフォンを近付け、決済ボタンを押すだけ。乗車中の3手順だけで支払い手続きが完了します。 タブレットが設置されている一部エリアのタクシーからスタートし、2020年8月には全国1.5万台以上でのご利用が可能となる予定です。

アプリ決済機能概要

開始日

2020年5月26日(火)

対応車両

『MOV』のタブレット設置車両、一部エリアから順次開始

対応開始エリア

宮城県/神奈川県/茨城県/群馬県/岐阜県 ※5月26日(火)時点 順次拡大予定

手順

1.タブレット上で「アプリ決済で支払う」を選択し、アプリを開いたスマートフォンを近づける 2.アプリ画面に表示される決済情報を確認し、「決済する」を押下

参考:タクシーアプリ『MOV』について

『MOV』は、乗りたいあなたと乗せたいタクシーをテクノロジーでつなぐタクシーアプリです。全国7都府県をネットワークし、配車決定後の行き先設定や、お迎えにあがる乗務員との音声通話、車内でのお支払いが不要になるネット決済など、タクシー乗車時の細かい不安を解消する機能に全車対応しています。

アプリ名:MOV
対応エリア:全国7都府県 東京都/埼玉県/神奈川県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県
アプリ機能:
1.タクシーの配車 (一部事前確定運賃対応)
2.お支払い手段の事前登録による配車時のネット決済
3.車載タブレットでのネット決済
4.WEB上での領収書発行
App Store
Google Play

※Appleは米国その他の国で登録されたApple Inc.の商標です。
※App StoreはApple Inc.のサービスマークです。 
※Google Play、Google Payおよび Google ロゴは Google LLC の登録商標です。

参考:移動で人を幸せに。 株式会社Mobility Technologiesについて

Mobility Technologiesは「移動で人を幸せに。」をミッションに、日本のモビリティ産業をアップデートする様々なITサービスの提供を行っています。

社名:株式会社Mobility Technologies
所在地:紀尾井町オフィス(本社)
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3−12 紀尾井町ビル
渋谷オフィス
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-4 ネクストサイト渋谷ビル
設立:1977年8月
事業内容:タクシー事業者等に向けた配車システム提供などモビリティ関連事業
-タクシーアプリ『JapanTaxi』
-タクシーアプリ『MOV』
-法人向けサービス『JapanTaxi BUSINESS』
-交通事故削減支援サービス『DRIVE CHART』
-ドライブレコーダー『JapanTaxiドライブレコーダー4』
子会社:株式会社IRIS
サイト:コーポレートサイト
採用サイト