タクシーアプリ『JapanTaxi』と『MOV』の統合に伴い、新たなタクシーアプリ『GO』を9月リリース予定

株式会社Mobility Technologies(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中島 宏、以下MoT)は、タクシーアプリ『JapanTaxi』と『MOV』の統合に伴い、全国約10万台※のタクシーと提携する新たなタクシーアプリとして、『GO(ゴー)』を2020年9月にリリース予定です。リリース時は、首都圏、京阪神を中心とした全国17エリアでサービス提供を開始し、順次エリア・機能の拡充を行い、日本最大級のタクシーアプリを目指して開発を進めて参ります。

※2020年7月29日時点

タクシー事業者と共に業界全体の回復と今後の発展に向けて、新アプリをスタート

MoTは、タクシーアプリ『JapanTaxi』、『MOV』などの事業統合により、2020年4月から新体制でスタートしました。コロナ禍にあって全国のタクシー事業が大きな影響を受ける中、MoTが運営するタクシーアプリ『JapanTaxi』、『MOV』とも、配車注文数の減少が見られました。その一方で、新しい生活様式が求められている今、道でタクシーを探す手間や時間の削減、車内での支払いが不要となるキャッシュレス対応など、アプリだからこそ提供できる安全・安心な体験が評価されており、アプリの活用がタクシー乗車の新たな行動様式として定着しはじめています。MoTでは事業統合当初、新アプリのリリースを2020年度後半に予定していましたが、少しでも早くリリースすることによって、タクシー事業全体の回復に貢献すべく、エリアや機能を絞った形で先行リリースすることとしました。

9月から全国17エリアでスタートし順次拡大予定

『GO』は、『MOV』をベースとしたアプリで、『MOV』提携タクシー車両に加えて『JapanTaxi』アプリ提携タクシー車両へも配車注文することができます。タクシー車両とのリアルタイムな位置情報連携と高度な配車ロジックによって、アプリユーザーと近くのタクシー車両とのマッチング精度を向上させ、より「早く乗れる」体験を追求します。
9月時点では、『MOV』がサービス展開を行っている全国7エリア(東京/神奈川/埼玉/京都/大阪/兵庫/滋賀)に、『JapanTaxi』アプリでタクシー車両へ直接配車注文を送っている『JapanTaxi DRIVER’S』対応エリアの一部を加えた全国17エリア(東京/神奈川/埼玉/千葉/群馬/茨城/京都/大阪/兵庫/滋賀/愛知/奈良/宮城/三重/岐阜/広島/福岡)からサービス開始予定です。その後移動ニーズが高まる年末に向けて、対応エリアや機能の拡充を行い、日本最大級のタクシーアプリを目指します。

【今後の『GO』展開戦略】

Phase1 「近くの車両にすぐ乗れる体験提供」

  • 全国17エリアでのサービス提供

Phase2 「お客様のニーズに応える機能の進化」

  • 「乗りたい時に乗れない」「事前に予約がなかなかできない」をテクノロジーで改善

Phase3 「どこでもすぐ乗れて便利を提供」

  • 全国的なサービス展開

※タクシーアプリの運営は今後『GO』へ一本化する予定ですが、一定期間は『GO』と並行して『JapanTaxi』アプリのサービス提供を行いますので、『JapanTaxi』アプリユーザーの皆様は、サービスを継続してご利用いただけます。なお、『JapanTaxi』アプリサービス終了時期が決まりましたら、アプリユーザー様にご迷惑がかからないよう適切にお知らせいたします。

『GO』は一人ひとりの暮らしや未来に寄り添うアプリへ

新アプリの『GO』という名称には、行く、進む、向かうといった言葉そのものの意味に加え、「タクシーに未来をのせて Taxi Goes Next」という、タクシーに乗車されるお客様はもちろん、運行を行う乗務員の方など、サービスを使用する全ての人の笑顔や幸せなど、未来をのせて走るという想いを込めました。
またロゴには、人々の暮らしや未来を俯瞰で捉え、集約した姿として、地球をモチーフにデザインしました。オンデマンド交通であるタクシーだからこそ実現できる、百人百様の移動ニーズに寄り添ったサービスを創造していきます。

参考:タクシーアプリ『MOV』について

『MOV』は、乗りたいあなたと乗せたいタクシーをテクノロジーでつなぐタクシーアプリです。全国7都府県をネットワークし、配車決定後の行き先設定や、お迎えにあがる乗務員との音声通話、車内でのお支払いが不要になるネット決済など、タクシー乗車時の細かい不安を解消する機能に全車対応しています。

アプリ名:MOV
対応エリア:全国7都府県 東京都/埼玉県/神奈川県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県
アプリ機能:
1.タクシーの配車 (一部事前確定運賃対応)
2.お支払い手段の事前登録による配車時のネット決済
3.車載タブレットでのネット決済
4.WEB上での領収書発行
App Store
Google Play

タクシーアプリ『JapanTaxi』について

『JapanTaxi』アプリは、全国47都道府県・約7万台(全国のタクシー台数の約1/3)をネットワークし、多言語対応(英語・中国語・韓国語)、キャッシュレス決済など、タクシーのユーザビリティーを最適化します。

・アプリ名:JapanTaxi
・対応言語:日本語/英語/中国語(簡体字・繁体字)/韓国語
・対応エリア:日本全国47都道府県
・アプリ機能: 1.タクシーの配車(即時・予約・空港定額)
2.お支払い手段の事前登録による配車時のネット決済
3.車載タブレットでのQRコード決済JapanTaxi Wallet
4.WEB上での領収書発行

App Store
Google Play

※Appleは米国その他の国で登録されたApple Inc.の商標です。 
※App StoreはApple Inc.のサービスマークです。 
※Google Play、Google Payおよび Google ロゴは Google LLC の登録商標です。

参考:移動で人を幸せに。Mobility Technologies会社概要

Mobility Technologiesは「移動で人を幸せに。」をミッションに、日本のモビリティ産業をアップデートする様々なITサービスの提供を行っています。

・社名:株式会社Mobility Technologies
・所在地:紀尾井町オフィス(本社) 〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3−12 紀尾井町ビル
渋谷オフィス 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-4 ネクストサイト渋谷ビル
・設立:1977年8月
・事業内容:タクシー事業者等に向けた配車システム提供などモビリティ関連事業
-タクシーアプリ『JapanTaxi
-タクシーアプリ『MOV
-法人向けサービス『JapanTaxi BUSINESS
-交通事故削減支援サービス『DRIVE CHART
-ドライブレコーダー『JapanTaxiドライブレコーダー4
・子会社:株式会社IRIS
コーポレートサイト
採用サイト