ダウンロード数No.1※タクシーアプリ『GO』より、 タクシーのビジネス利用に特化した法人向け管理サービス 『GO BUSINESS』を今秋スタート

株式会社Mobility Technologies(本社:東京都港区、代表取締役社長:中島 宏、以下MoT)が展開するダウンロード数No.1タクシーアプリ『GO(ゴー)』は、タクシー料金の請求書払いや社員のタクシー利用管理など、ビジネスシーンに特化した管理システム『GO BUSINESS(ゴー ビジネス)』を今秋より提供開始します。サービス提供に先立ち、法人・企業の方向けの事前お申し込みを開始しました。2021年9月30日(木)までにお申込みいただいた法人様限定で、サービス利用料が3ヶ月無料※2となるキャンペーンを実施いたします。
※ App Annie調べ|タクシー配車関連アプリにおける日本国内ダウンロード数(iOS/Google Play合算値) 調査期間:2020年10月1日〜2021年3月31日
※2 タクシー運賃、迎車料金その他オプション料金等は有料

『GO BUSINESS』請求書払いで社員の立替精算や煩わしい経費精算が不要に!

MoTでは、タクシーアプリ『JapanTaxi』の後継アプリとして、『GO』を2020年9月にリリースしました。乗車中に支払い処理が完了する『GO Pay』や、先の予定に合わせたタクシー注文ができる『AI予約』など、新たな機能を開発するほか、提供エリアを全国19都道府県に広げ、現在ダウンロード数No.1を誇るタクシーアプリへ成長しています。
『GO BUSINESS』は、『GO』での注文や『GO Pay』のご利用など、社員のタクシー利用の一元管理を実現する法人向けサービスです。利用状況の可視化の他、請求書払いによる経費精算の効率化など、ビジネス利用に特化したサービスを提供します。今秋のサービス提供開始以降は、コーポレートカードによるお支払いや、WEBブラウザからのタクシー注文機能などを追加予定※3です。
タクシーアプリ『GO』は、対応エリアの拡大や機能の拡充を行い、今後もさらなる利便性の向上を目指します。
※3 機能追加時期は未定

『GO BUSINESS』について

『GO BUSINESS』はダウンロード数No.1タクシーアプリ『GO』が展開する、法人向けタクシー利用管理システムです。タクシー注文や経費精算などを簡単効率化するとともに、従業員のタクシー利用を一元管理・可視化することで、適正なタクシー利用を促し、コンプライアンス遵守にも寄与することができます。 2021年9月30日(木)までのお申し込みで、サービス利用料が3ヶ月無料※2となるキャンペーンを実施中です。

  • サービス名 : GO BUSINESS  https://go.mo-t.com/business/
  • 対応エリア : 東京、大阪、京都、兵庫、愛知など一部地域からスタート予定
  • 管理者向け機能 : 社員向けビジネスID発行、ビジネスID利用状況の確認、ビジネスID利用時の料金請求書払いなど
  • ユーザー機能 :『GO』の機能全て、ビジネスID活用によるプライベート利用とビジネス利用時の支払い切り替え ※ ビジネスIDのご利用は請求書払いのみとなり、車内決済はご利用いただけません。
  • 利用料金 : 初期費用・月額利用料金無料、サービス利用料としてタクシー利用金額(運賃・迎車料金・その他オプション料金を含む)に対して5%
  • サービス開始時期 : 2021年秋予定
  • 事前お申し込み : https://go.mo-t.com/business/pre-entry  ※ 請求書払いのご利用には所定の審査があります。

参考:移動で人を幸せに。 株式会社Mobility Technologiesについて

Mobility Technologiesは「移動で人を幸せに。」をミッションに、日本のモビリティ産業をアップデートする様々なITサービスの提供を行っています。

※Appleは米国その他の国で登録されたApple Inc.の商標です。
※App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
※Google Playは Google LLC の登録商標です。
※記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。